CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Serge Gainsbourg
涼しくなったのかと思いきや、また暑さ復活してますね、、、
夏は好きだけど残暑はあんまり。。。とかいってもしょうがないのですが。








でもきっともうすぐ本当に涼しくなるはずだ。









話はとびますが
6月くらいだったかな、
結構前ですが、福岡のKBCシネマで セルジュゲンスブールと女たち 

をみました。





(パンフレットの写真です)



Serge gainsbourg大ファン♡なので合間縫ってでも観に行こうと
思い、そして行けてほんとによかった。

しかも超面白かったし♡出てくる全員、キャラクターの描かれ方、、、
最高でした。

本人と本人の中にいるMonster
の描かれ方もおもしろかった、
そしてもちろんセルジュっぷりは超最高なのですが、
さらにJane Birkinのジェーンっぷり、だれが一番CRAZYかというと実はJane Birkinなんじゃないかと
いう面白みもあり。
あーーーほんとに最高に楽しい一夜でした



別のところで
AさんとI氏の協力のもとこの映画の特大ポスターもゲットできたし♡
Thank you Very much です






伝記的映画って本人の大ファンにとってはときどきちょっと物足りないって思うこと
ありますが、これは一つの映画としてもとてもよくできていました♡
もうすぐDVDも発売されるらしいけど、劇場で観る時間、ほんといいですね❤
観たあとお茶でもしながら思い返してみるとか、、そんな時間が大好きです。





ミニシアターは昔から大好きで学生時代からレイトショーとか
なんとかかんとかとかホントによく通っていました。今はそんな劇場も段々と
少なくなってきてるみたいですが、、、是非!なくならないでたくさんの素敵な映画をみせて
ほしいと改めて思いもしました。

皆さんもじゃんじゃん行ってくださいね〜是非♡
これはもう終了してますがいつも良いのが上映されてますよ〜♡








これ、リアル写真を撮ったものなんですが
10年位、いやもっともっと前、パリのモンパルナスの墓地
Serge Gainsbourgのお墓です。

リアルにお墓参りをしてきたときのもの。


今でもいつもたくさんの花、ジタン、Bonbonなどが捧げられている、らしい。





没後20年になるんですね、それでもまだまだこの人の世界は楽しい♡
ぜったいずっとファンです♡えへへ♡




このモンパルナスの墓地は
他にサルトル&ボーボワール、マルグリットデュラス、マンレイ
などなどが永眠している墓地。
観光地にもなっているらしいけど、とても人は少なくてホントに
入っていいのかなって気分になってしまいました。





しかし,写真ほとんどこれしかないんですけど。。。


本人はもうなくなっているのだからステージで観ることなんてできないし
一度は絶対に参っておこうと、かなり若いころから思っていたので参れてよかったですっ!
っていう一人で思っている、行けてよかった話でした。



墓地に入る前に「あっそうだせっかく来たんだからお花でも」と思い
ふらっとその辺にあったお花屋さんでこれとこれっていって買ったお花のラッピングが
ありえないほど斬新で超かわいすぎてそれがまたごく普通のお花屋さんと店員さんだったので
超びびったのがまた楽しかったという記憶もあります。


ではまた♡



あっ夏休み映画!!!

ミニシアター話からは離れてしまいますが、
カンフーパンダ2もかなりよかったです。
子供たちもよろこび、そして大人も楽しめる♡うっしっし♡
キーワードは「内なる平和♡」ズッキュン♡

ついでみたいに言ってますがほんととても素敵に深い映画でした♡






























































| cinema | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
度肝!
私は多分、はたから見て、
ラッキー&ハッピー&絶対に死にそうにないだの
そんな風にみえてるらしいです。
(確かにそんなところもあるといったらそうなのですが。。。)

が。。。人知れず、
鋼鉄のハートのようで、(自分で言っちゃいますが)
ガラスのハートの一面もあるのです。
(笑うとこじゃないのです、本気です)
なので多分きっと普通はそこ見逃すんだろうな。。。ってとこでも
度肝も抜かれる、、、ことがあります。
(私、実は繊細なんです!って言ってるわけじゃないですよ。)
そういうことではなくて・・・
はて?と思うこと、うーん。。。と、
なんかすごく深く考えたり。。。します。
(マイナス思考とかそういう意味ではないですよ、
またすぐいやなことは忘れるという特技もありますから)
また逆にそこは普通気にするであろうところを全く
気にしないってところもあるので、ずれているのかもしれませんが。

でも同じ匂いがする人

なんとなく感じとっちゃうのです。

そうゆう部分で理解しあえる人どおしでしかできない会話に
結構助けられたりもしております。

少数派だとは思いますが、
広く浅くよりも、そういう意味ではせまく深くの派なのかもしれません。

まあ、どっちでもよいのですが、理解するもしないも
何をするでも「敬意」は払ってゆきたいなと最近思うのでありました。




ちょっと前に、ジブリの最新作「借りぐらしのアリエッティ」を
観てきました。



美しくも切ないなんとも言えない気分になっちゃいました

ある一面で捉えるとこうだけどある一面ではこうなんだよな。。。
という世界の表現はさすがで、かなり度肝を抜かれてしまいました。

なんの気ない行為(好意でも)ちょっとしたことが
ある人にとってはどれほどの度肝!になるか。。。


そして自分の中では また、かなりな度肝!を抜かれた展開には
ビビリました。

どこが度肝を抜かれたかは、、、うーんと、、、
説明しようがないのですが、同じ匂いの人にはこの度肝話、
伝わったようです。


ちなみに娘はスピラーが別の意味で度肝だったらしく(笑)、、、
延々と3時間くらい
「スピラーがスピラーが」と台詞や動作、
スピラーの筋肉美までをも!(笑)を語ってました


そこですか。。。(笑)


絵本もせがまれ(実は私も欲しかった)買ったのですが、
スピラーのページをひたすら眺めては

「これモグラの毛皮らしいよ」

とか言ってます


CDも11曲目ばっかり聞いてます



サントラのほうも
この世界の表現にぴったりのキルト音楽、
歌姫も妖精みたい!




(人の家のPCで、ちょっと借りて不慣れ。。。
何故か写真がさかさまになる。。。)



そして小さなbookもかわいいし、歌詞も読んでも素敵

(そしてこのリトルブックがどんだけ小さいのか見せたかったのに写真がでかくなる。。。)


映画の中の造語である狩りにかけた借りぐらしという言葉遊びにも
凄くセンスを感じて素敵にツボに思ったのですが、
英語の歌詞のなかではなんて表現されてあるのだろうという謎も解けたし、
(borrowing...でした、そっか。。。)

そしてこの歌姫が日本語でkarigurasshishitetano〜って
歌っているところ。。。かわいい❤


まだの方は是非!!!観に!お出かけくださいまし❤









































| cinema | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |