CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< Ceremony展 @joujouboite | main | Kashimir Loom >>
29日土曜日はオープンします&石の話

Virginieee Showroom

2月29日(土曜)はオープンします♡

 

 

 

 

 

 

 

インド、ジャイプールで出会った

それはそれは素敵なアイテムも一部届きました!!

 

 

 

シルクのデザイナーズのお洋服、

カシミアルーム(cashmire loom)の上質な薄手ウールを使用したのに、

ポップな手刺繍がかわいストールやデザイナーズのクッションカバーや

刺繍のバッグ、ポーチ、

 

伝統的なブロックプリントを現代的にアレンジしたコットンの

ストールなども

 

 

厳選セレクトしております。

 

 

 

 

 

 

是非見にいらしてください♡

 

 

一点物がほとんどです♡

 

 

メインで買い付けしている上質なもの以外にも

バザール的でチープでかわいいものも少しあります。

 

 

これより荷物のチェック、

検品などしてしてから

撮影後ブログやインスタグラムのほうに

アップします♡

 

 

.....................................................

 

 

 

 

さて、今回のジャイプール行きのメインはジュエリー

 

 

オリジナルの天然石ジュエリーを

製作中なのです。

 

 

 

 

これ、私が撮った写真ですが、結構お気に入りです〜

 

 

像さんは大好きですが、像さんがいるところに行かないと見れないと思っていたので

今回は観光する時間はないし、諦めようと思っていたら、、、

たまたま通ってくれました!!

 

 

実際には三頭いました。圧巻で感動した瞬間でした。

 

 

 

さて、宝石の都のインド ジャイプール

 

 

 

まずはMさんがある程度絞ってくださっていた工房をいくつか見学し、

 

 

 

 

原石からどのように研磨されて宝石になるのかという工程を見学

(⬆の写真はMさんが撮ってくれておりました

ところどころいろいろ撮ってくれていて、そういうところナイスです♡)

 

 

 

 

工程はだいたいのところは知ってはいますが

初回はまずこの目で見たいということで

工房内も入らせていただきました。

 

 

 

 

ここからさらに

 

 

 

 

 

 

細かいカットは

このような工房内でも場所が分かれており、

職人さんたちも変わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう道をさらに奥まで入って迷路のようになっているところを進みまして

全く自分がどこにいるのかさっぱりわからない、でもなんか見たことあるような

一人で行くには到底無理なところにはMさんにご案内いただきました。

 

マラケシュの旧市街の迷路のような路地に少し似ていたかもしれません。

マラケシュでは人々がむっちゃ勢いよく話しかけてきますが

ここではじーーーーと見てくるだけ、という違いがあったかな。

 

 

じっーーと見てくるのはどこ行ってもそうなので

別になんともないですが、よく考えたらそんなにじーーーーっと見なくても笑

って思いますがどこへ行ってもどんな時でもじーーーーっとたくさんの人が

見てきます。

 

 

 

 

で、これ以上先に進むと写真を撮るために携帯を出すのもちょっと、、、

という雰囲気になってきたので

写真がありません

(実際は大丈夫なのかもしれまんが、初心者なので一応)

 

 

そしてこのリクシャは乗っていると目に砂やゴミが入ってきます

排気ガスやその他の異臭もエリアごとに変わります

 

 

地面のぼこぼこもダイレクトに衝撃が来るので

食後だったりすると

結構おおお〜っとなります。

 

 

 

さて、

そうやって

研磨されてカットまで入った石たちを

 

 

 

 

吟味し、一つ一つ選んで、

 

 

 

選んでから、デザインを決め、

デザインに合わせて指定した位置に穴を開けてもらう。

 

 

この穴を開ける工程で欠けてしまう石もあるというリスクもあり

実際2.5割くらいは割れてしまいました。

 

 

でもこれもやって見ないとわからない、成功するかもしれないし

失敗するかもしれない、

でもやってみたい。

 

石が割れるリスクのことは何度も言われましたが

完成形のイメージが既に私の中では出来上がっているので

トライしたいという気持ちが強く、リスクは承知の上で

やってもらい、そして問題が起きた時はなぜかを聞き、

では別の方法でやってみるということを繰り返し、

少しづつ完成に近づいております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュエリーってミリ単位のことが全身に及ぼすくらいの影響があるものなので

ペンダントトップなんか特に他のチェーンと組み合わせて楽しむものだから

そのつなぎの部分がよくないとなんとも不恰好になってしまうので

そこは美しく仕上がるように

石を留めそしてチェーンと繋ぐ部分でもある金属の形状もいかに無駄なくシンプルに美しく、、、となるには

どうしたら?と何年間も考えて続けていました。

 

 

 

なので

ゴールドの部分も形状と素材は一つづつ違う状態で

仕上げてもらってます。

 

仕上がって来るジュエリーの詳細は

別のときにまた書きますが

インド ラジャスターン州 ジャイプールは

もともと州内で豊富に宝石や貴金属が採掘されていたため

ジュエリー産業が発達し、

現在では世界中から石の原石がジャイプールに集まり、

ここで研磨され加工されてここから世界中へ旅立ちます

 

現在では原石がここで採掘されなくても

世界中で採掘された原石が原石のままジャイプールへ運ばれて

その後ジャイプールで研磨され、その後また世界中へ

飛び立つという流れも。

 

 

もちろん、その他の国々でも研磨に特徴があり、

ジャイプールだけが全てではないですが

私はジャイプールで石を求めたい、そしてこの街には私の求める何かがきっとある!

というよくわからない力に動かされて

行ってみたら2週間では到底足りなく、(でも出来る最大限のことはやりました)

そして次に行けばまた違う一面を見るのだろうと思える

奥深さが怖いくらい魅力的なジャイプールでした

 

 

実際世界中から宝石、天然石を求めにバイヤーやデザイナーも

多くジャイプールへ訪れ、外国人の姿も多い熱気あふれる街でした、

滞在していたホテルでも生地をやっているデザイナーから

同じく石を求めにきているデザイナー、同じようなことをやっているようで

全然違うので

少し話をするにも大変興味深く、楽しかったです。

 

 

ジャイプールには

伝統的な手法で製作されたジュエリー店から

現代的なデザインにアレンジされたジュエリー店も。

また石専門の業者から石の研磨の工房、金属の工房、

とたくさんの工房があり、中には中国から輸入した人口石(ガラスです)を研磨して

それとわからないように販売している工房もあるみたいですが、、、

それと知っていてなのか知らずなのかは知りませんが

天然石として販売している人もいる、、、

そんなものが日本にもたくさん入っているみたいですよ

気をつけましょう

 

デザインによってはシンセティック(人口石)のほうが良いというものもありますし、

私自身も人口石も天然石もどちらも使い分けておりますが、

人口石を天然石と偽るのはどう考えてもよくないですよね。

 

 

 

どうしても天然石にこだわりたいけど

ぱっと見でわからないものは

鑑定書があったほうが良いですね。

 

 

 

 

 

 

ではではこの辺で

 

 

また書きます〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 13:55 | comments(0) | - |
コメント
コメントする